相模原で葬儀をあげると得られるメリット

大切なご家族が亡くなられるのはある日突然訪れることが多く、親戚縁者を招待して立派な葬儀を執り行って送り出してあげたいと考えると費用負担も決して安くはないものとなってしまいます。特に長い間入院して病と闘っていたり、介護が必要な状態が続いていればそれまで医療費や諸経費など大変な金銭的な負担がかかっていたところに、さらに追い討ちをかけるように式のための費用が圧し掛かって来ます。相模原の業者でも低価格で式を執り行いたいというニーズに応えるために身内だけでシンプルに行う家族葬、いくつかの行事を省いて1日で終わらせるプランなどさまざまなメニューを用意しています。しかし、これらのプランを利用して親戚や友人の理解が得られるなら問題ありませんが、まだまだ日本古来続く一般的な様式を重んじる方も多く、費用がかかっても従来型の式を選択して金銭面の負担に窮するケースもすくなくありません。

市民なら低価格で利用できる式場

相模原市営斎場は行政で運営している公営の斎場であることから、故人が相模原市民の方であれば特別な割引料金で利用できます。お通夜や告別式を行う大式場の使用は対象となる故人が市外の方は75000円のところ市民の方は50000円になり、少人数の式を行える小式場では市外の方は60000円のところ市民の方は40000円になります。火葬炉は死体が12歳以上の方だった例では市外の方は54000円のところ市民の方は6000円になり、霊安室は1体24時間につき市外の方が5000円のところ市内の方は3000円になります。このように由緒ある立派な式場であるにも関わらず、故人が市民の方ならば大幅に費用を削減して葬儀を執り行うことが可能なことから、利用する方が増えています。

周辺エリアの便利な施設も充実している

相模原市営斎場は、故人が市民の方なら割引料金で利用できる費用面のメリットも然ることながら周辺エリアの施設が充実しているのも大きなポイントです。最寄のJRの駅から徒歩約12分、バス停からは徒歩5分とアクセスしやすいのに加えて、マイカーでお越しの方のために140台収容可能な駐車場も用意されています。1km圏内にファミリーレストランが6軒、コンビニエンスストアが12軒、2km圏内まで足を伸ばせばショッピングモールやデパートもあり、葬儀の合間のお食事やちょっとしたお買い物にも便利です。また、2km圏内には12軒ものホテルがあることから、遠方から弔問に来られる方にも便利です。周辺エリアの施設が充実していることで多くの弔問客も訪問しやすくなり、盛大に故人を送り出すことができます。