相模原での葬儀場の相場と傾向を紹介

相模原で葬儀に出たことはあるけれど、どのくらい費用がかかってくるのかよく分からないという人も多いでしょう。人生の中で葬式の手配をすることはそう何度もあることではありませんし、できればあまり経験したくないものです。しかし、避けては通れないものですし、かかってくる費用の相場について知っておくことが大切です。業者にそのまま依頼した場合、後から高額な料金を請求されてしまったというトラブルもあるので注意しましょう。業者から提示される見積もり金額は費用の総額ではありません。見積もりに含まれていない金額もあることに注意し、全体でどのくらいの費用が必要なのか検討してみましょう。具体的な金額については業者に問い合わせてみるのがおすすめです。後悔しないためもきちんとした打ち合わせが必要となります。

相場はどのくらいなのか知っておくと良い

相模原で葬儀を行う場合、まずは祭壇や棺、位牌、遺影写真、霊柩車といった基本的な費用が必要となります。業者では基本セットなどとして紹介されています。まずは基本セットで見積もりを取ることになりますが、この中に含まれる費用は業者ごとに異なります。安いプランを選んだ場合、司会進行や運営管理のスタッフの人件費などが含まれていないこともあるので注意しましょう。どこまで業者がやってくれるか確認しないと慌ててしまったり、追加費用がかかってしまうということもあります。式が終わった後の飲食代や香典返しなどにもお金がかかってきます。飲食代は参列してくれた人数によって変わってきますが、飲み物代は実際に飲んだ本数で計算されるため、変動しやすくなっています。寺院費用は僧侶への謝礼のことを指します。後でまとめて渡すお布施や御膳料、お車代などが必要となります。

なぜ費用の違いが出てくるのかについて

相模原で葬儀を行う場合、総額は189万円が相場となっています。しかし、形式や規模などで異なるため、相場を出すのは難しいということです。同じ業者でも複数のプランを用意しており、プランごとにかなり費用が変わってくることもあるため、189万円という金額はあくまでも目安として考えておきましょう。なぜ費用の差が出てくるのか気になっている人もいるでしょう。実は葬儀費用の大きな割合を占めているのが祭壇です。祭壇には白木祭壇と花祭壇というものがあり、大きさによって10万~100万円以上と大きな違いが出てくるということです。また、式をどこでやるのかによっても費用に差が出てきます。もちろん自宅で行う場合費用はかかりませんが、斎場で行う場合は会場費がかかります。