なるべく低価格で行える相模原の葬儀場の探し方

昨今のライフスタイルの変化や供養に対する考え方の変化から、葬儀はできるだけシンプルに低価格で済ませたいという方が増えています。かつては多くの親戚縁者、会社関係者に弔問してもらい盛大に執り行うのが供養であるという考え方はごく稀となりました。仕事でもプライベートでも誰もが分刻みの忙しい毎日を過ごしており、葬儀が終わればすぐにいつもの日常へと帰って行きます。これは決して故人を軽視しているのではなく、式に参加した瞬間は心を込めて故人を偲び、式が終われば気持ちを切り替えるという現代のフレキシブルなスタイルによるものに加えて、弔問客の方の大切な時間を奪って負担をかけたくないという遺族からの心遣いもあります。そのような様式が許される時代となり、相模原でも多くの業者でも低価格でシンプルな式のプランを用意しています。

ごく近い近親者だけの家族葬で故人を偲ぶ

周囲の方に迷惑をかけたくないという意図や、身内だけで静かに故人を偲びたいなどの目的から相模原でも家族葬を選択する方が増えています。大切なご家族が亡くなられて傷心の中にある状態で、失礼の無いように全ての関係者を招待するためにリストアップするのも大変な労力です。式が終わればそれで完了するわけではなく、香典返しやご挨拶など緊張感のある日々が続きます。家族葬ならば気心の知れたごく近い近親者のみで行うことから、気兼ねなく式を執り行うことができます。多少の失礼があったとしても身内ならば全く問題も無く、過剰なプレッシャーを与えられない状態で落ち着いた気持ちで故人を偲ぶこともできます。また、シンプルな式であることから費用が低価格となるほか、弔問客へのお車代や宿泊費、香典返しなどの費用も必要なく金銭面でも助かる方法です。

いくつかの行事を省く略式で執り行うケースも

日本国内の葬儀は一般的には仏教を元に執り行い、ご遺体の納棺を行ってからお通夜を行い、夜を徹してご家族でご遺体に寄り添った後、告別式を行ってから火葬をしてお墓へ埋葬します。これらの式は日本古来の伝統的な手法で心を込めて故人とお別れをして天国へと送り出すためにひとつひとつに意味のあるものですが、何かと忙しい現代では数日にわたって参加者を拘束するのは恐縮してしまう方が多いのが現実です。そんな中で登場したのが、いくつかの行事を省く略式で執り行う葬儀プランで相模原の業者でも取り扱いが増えています。最も短いものでは1日で納棺から告別式、火葬、埋葬までを行うケースもあり、お仕事が忙しく遠方から来られる弔問客に負担を軽減できることから選択する方も増えています。もちろん行事を省いたからと言って手を抜くのではなく、心を込めて故人を偲ぶことには変わりはありません。